世界初、ドイツの鉄鋼メーカーは石炭の代わりに水素のみを使用して炉に動力を供給

すべてのニュース
世界初、ドイツの鉄鋼メーカーは石炭の代わりに水素のみを使用して炉に動力を供給
ホームすべてのニュース世界初の世界では、ドイツの鉄鋼メーカーは、代わりに水素のみを使用して炉に電力を供給しています...
  • すべてのニュース
  • 世界
  • Instagram

世界初、ドイツの鉄鋼メーカーは石炭の代わりに水素のみを使用して炉に動力を供給

By McKinley Corbley-2019年11月29日

世界初と称賛されているドイツの製鉄所は、高炉の1つに完全に水素を供給することに成功しました。

ティッセンクルップスチールが今月初頭に画期的な成果を発表するまで、スチールは石炭火力炉のみを使用して製造されていました。報告によると、製鉄業は毎年約10億トンの石炭を使用しており、これは世界の炭素排出量の約7%に貢献しています。

米国エネルギー情報局によると、1トンの石炭を燃やすと、ほぼ3トンの二酸化炭素が発生します。ただし、水素を使用すると水蒸気のみが生成されます。

ダイヤモンド空気清浄機

ティッセンクルップは石炭の代わりに水素で「Furnace 9」に電力を供給することに成功したため、同社は2023年までにデュイスブルクにある3つの鋼炉すべてに水素を供給する計画を立てています。

チェックアウト:この革新的な高炉はゴミを蒸発させ、クリーンエネルギーに変換します(排出はありません)

同社は、炭素鋼フラット製品の世界有数のサプライヤの1つとしても知られていますが、2030年までに総排出量を少なくとも30%削減し、2050年までに炭素中立性を達成する予定です。

トレンチコート変装

「今日は鉄鋼業界にとって画期的な日です」とティッセンクルップスチールヨーロッパのプレマルデサイ会長は述べました。 「私たちはここで先駆的な仕事をしています。水素の使用は、気候に依存しない鉄鋼生産の重要な手段です。今日のテストは、生産の変革におけるもう1つのステップであり、グリーンスチールに到達します。同時に、ビジネスと政府が共通の目標に向けて協力することで何が可能になるのかを見ています。

関連する:最初の完全充電式二酸化炭素電池は、リチウムイオンよりも7倍効率的です

ドイツは石炭の悪名高い消費者であるにもかかわらず、政府は石炭の段階的廃止に積極的に取り組んでいます。ドイツはヨーロッパ最大の経済圏としても知られているため、1月、自然保護論者は歴史上初めてドイツの主要な電力源として再生可能エネルギー源が石炭を追い抜いたことを喜んで報告しました。

アメリカ合衆国最古の木

2018年の研究では、風力、太陽光、バイオマス、水力の各発電所が2017年に比べて4.3%多い電力を生産し、国の総エネルギー出力の40%を占めていることがわかりました。 2010年に。

見る 下の発表ビデオ)

11月11日、作業用高炉での#水素の使用に関する一連のテストを初めて開始しました。 #climateneutral #steelの生産に向けた変革のもう1つのステップです、と鉄鋼部門のCTOであるArndKöfler博士は説明します。 #climatestrategy pic.twitter.com/eGi8AZfuxq

-thyssenkrupp EN(@thyssenkrupp_en)2019年11月15日

良いニュースをソーシャルメディアに共有することで、積極的にパワーアップする…

Coffee Cup

良いニュースの朝の衝撃が欲しいですか?


  • タグ
  • 企業責任
  • 代替エネルギー
  • エネルギー
  • ドイツ
  • 業界
  • 持続可能性
  • 製造業
  • NewsCred
  • 持続可能な
マッキンリー・コーブリー